募集要項
エントリー
Job Info & Entry

Cross talk社員対談人を知る

Vol. 02

社員

異業種で培ったスキルを
多分に活かせる
ベンチャーマインド

  • # 異業種出身
  • # ネイリストの経験
  • # キャリアプラン
  • # 長く働きやすい
  • # 社内の雰囲気
  • # 資格手当
  • # 産休育休
  • # バースデー休暇

Member

A.Oさん

A.O

東京本社営業グループ
アカウントサービスチーム
サブリーダー

食品の輸入会社、ネイリストを経て、2021年にビューティガレージに入社。現在はショールームに来場されたお客様への商材提案をするなど、営業を担当している。

A.Kさん

A.K

マーケティンググループ
マーケティングチーム
サブリーダー

新卒で広告業界に就職。広告代理店での勤務を経て、2021年にビューティガレージに入社。現在は、マーケティングチームに所属し、広告制作やプレスリリースの発信などを担当。

K.Hさん

K.H

マーチャンダイジンググループ
ネイル事業チーム
サブリーダー

新卒で証券会社に就職後、ネイリストに転職。その経験を活かし2021年にビューティガレージに入社。現在は、ネイル商材の仕入れや販売促進を任されている。

Outline

ビューティガレージは異業種を経験した多様な人材が、そのスキルを持って輝ける場所だ。広告業界にいたA.K、ネイリストから転職を果たしたK.HA.O。それぞれ異なるバックグラウンドを持つ三人が、今はビューティガレージというひとつの社に集い、生き生きと働いている。同期入社ということもあり、プライベートでも仲の良い三人が、ビューティガレージの働きやすさ、そして今後のキャリアプランについて語る。

社員 社員

Section 01

ビューティガレージは
主体的に動ける人が
活躍できる会社

私は学生時代にフランス留学をしていたので、ビューティガレージで働く前は、その経験をもとにパンやフォアグラなどを扱う輸入会社に就職し、その後、ネイリストに転身したんですよね。

知らなかった!

実は(笑)。ただ、会社勤めが私としては性に合っていたので、会社に戻りたいと思い、転職先を探しているときに「ネイルの経験」「会社勤め」というキーワードからビューティガレージを見つけて。コロナで市場が低迷しているときに、業績が明らかに伸びていたし、働いている方々がみなさんかっこいい、かわいい人が多かったので(笑)、一員になれたらと思って入社を決めました。二人はどういう経緯でビューティガレージに入社したの?

私は、新卒で広告業界に入って、1社目がウェブ専門の広告代理店、2社目が総合広告代理店でテレビCMなどを主に作っていました。働き方がすごくハードな業界なので長くはいられないなと感じて転職を考えたときに、美容業界に興味があったのと、ウェブという強みを持つビューティガレージなら経験を活かせるかなと思って、入社しました。Hさんは?

新卒で証券会社の営業をやった後、丸3年くらいネイリストとして働いてたんだけど、ジェルアレルギーを発症してしまって、泣く泣く退職することになって。でも、自分が興味を持って働けるのは、美容やネイルの分野だと思っていたので、そのジャンルで次の仕事を探しているときに、たまたまビューティガレージの、しかもネイルの部署の募集があって、「ここだ!」と思って。

でも、入社してすぐ、開業に関する器具機器や商材などを一式準備されるお客様を担当させていただいたり、営業グループ内で行っているプロジェクトのリーダーになったりと、大きな仕事を任せてもらえたのでびっくりしたな。

私がもうこれやっちゃっていいんだって思いました。

もちろん最初は先輩がついてくれるけど、独り立ちできると判断されたら任せてもらえますもんね。ビューティガレージはスピード感があるから、主体的に動ける人が活躍できる会社、っていう印象がありますよね。

私も入社して2週間で、社内一大プロジェクトに入れてもらえたり、やりたいと思ったらチャレンジさせてもらえる環境なので、新しいことをやりたいっていうバイタリティに溢れてる人には合っていると思います。とはいえ、ちゃんと引継ぎや打ち合わせもしてもらえるし、何回聞いても嫌な顔せず教えてもらえるので、しっかりサポートもしてもらえる環境が整っています。

ただ、任せてもらえる一方で、私の場合、自分の一存で取り扱う商品が決まってしまうのは、楽しいけど怖さもあって、責任の大きい仕事だなって感じます。なので、先輩たちにアドバイスをもらいながら、売れる商品を見極めつつ、でも他社のラインナップに負けないように、絶対に売れ筋にしたいから入れるんだっていう強い気持ちで仕入れを担当しています。在庫数も購買部と連携をとってうまく調整しなければいけないので、楽しくもあり難しくもあり、奥が深いです。

私も前々職で仕入れに携わったことがあるんだけど、その時は自分が売りたい商品を仕入れて、自分で営業をかけて売っていたので、仕入れに対して怖さはなかったんだよね。でもビューティガレージは仕入れ担当と営業担当が別で、自分で直接売るわけではない分、他部署との連携も必要だし、売ってくれるように託すわけだから、その立ち位置って怖いね。人気の商品でも、その良さや特徴がしっかり営業部署に伝わってないと売れないわけだし、自分以外の部署の売上にも影響するっていう、違った難しさがあるよね。これからは、もっとそのことも意識して、新しく入った商品は入った日にお客様に案内して、売っていくね!

社員

Section 02

個人のノルマがないのは
人を優しくさせるし、
自己肯定感も高まる

私は業務上、ネイリストの経験もすごく活きていて、ネイルに関する商材の知識がすでにあるので、新しい知識も入ってきやすいと感じています。ただ、ネイルの業界ってすごく流れが早いので、次々新しいものが出てきて「なんだこれ?」ってなることもあるんですけどね(笑)。

私は、今まで受注を受ける側だったので、そちら側の気持ちや、こんなタイムラインでやられたら嫌だろうなっていうのが分かるので、そこを汲んで余裕をもってスケジューリングをしたりっていうのに前職の経験が役に立ってるかな。

立場や視点が変わると、できることが広がるよね。私もK.Hさんと同様にネイリストの経験があるので、施術者のお客様と同じ目線に立てるのは大きいと思う。あと、お客様に物を売るのではなくて、お客様に得をしてもらうためにうちの商品を使ってもらうっていう、食品営業の時に培われた営業マインドで接客している。

さすが!

社員もみんな自立した考え方を持って、自立した働き方をしているけど、困った時は手を差し伸べてくれるし、上下関係も厳しくされたことはないので、言いたいことも言いやすくて働きやすいよね。

確かに、マーケティングチームは他部署と連携することが多いんだけど、みなさん穏やかだし、質問にも丁寧に返してくれるので、仕事が進みやすいです。

男女差も全然ないよね。社内にいて感じたことがない。

今までの職種は個人で数字を追う、個人プレーみたいなところが大きかったんだけど、ビューティガレージでは個人で何かをするって言うよりも、チームとしてどう売り上げを上げるか、みんなで協力して達成するために頑張ろうっていう雰囲気がすごく強いなって。業務自体は1人で進行することも多いですけど、みんなで頑張ろうっていうのがベースにあるので協力体制が伴っていますよね。

確かに、営業部もノルマはなくて。K.Hさんが言うように、予算に対してチームでこうアプローチしていこうね、こういうものを頑張って販売していきましょうっていう目標や予算はあるけど、個人個人に課せられるノルマがないっていうのは、働きやすいし、人を優しくさせるし、自己肯定感も上がる。

でも、ノルマはないけど営業部はインセンティブが出るんですよね? ゆるくなりすぎず、高められる。そこもいいところですよね。あと、資格手当も出るので、TOIEC700以上だと毎月いくら手当が出るとか、化粧品検定も1級を取るといくらとか、それをモチベーションに勉強している人も多い気がします。

頑張りを評価してくれる環境が整っているので、もっと頑張ろう!ってなりますよね。私も化粧品検定1級を取りました。

私もK.Hさんからテキストを譲り受けて、先月取りました。A.KさんはTOEICを受けてたよね。海外のお客様がいらっしゃることもあるし、次はTOIECを頑張りますか!

社員 社員

Section 03

産休育休を経た
女性も多数
女性もキャリアプランが
描きやすい

産休から帰ってきてる方、多くないですか?

今、ネイルチームには昨年5月に産休育休を明けて戻ってきたママさんがいて、席も隣なので、今後もし自分がそういう立場になったらどういうサポートがあるのか、どんな働き方をしてるのかが間近で見れています。

うちのグループの責任者は女性なのですが、お子さんがいて時短勤務なので、キャリア形成と子育てが両立されているという点で、キャリアプランが作りやすい会社なのかなと感じますね。

営業部も責任者に女性もいるし、ビューティガレージで810年働いて、子供を育て上げたお母さんもいるので、長く働きやすい会社なんだなって。あと、介護をしている人もいて、上長も理解してシフトを組んでいるので、個々人の都合をできる限り見てくれているよね。

あと、バースデー休暇もありますよね。誕生日の前後1週間好きなところで休暇が取れるので、土日とつなげて小旅行に行ったりとか。

有給でいうと、1時間刻みでも取れるから、平日に病院にいったりしやすいのもいいですよね。

社員

Section 04

個々の強みを
活かして連携
目指したいのは
商材買うならココ、
と思える会社

去年2回出展したネイルエキスポも会社全体で盛り上がったイベントだったよね。

初出展の時の反省を踏まえて、2回目は二人にメインのリーダーとして参加してもらって、A.Oさんには普段の業務が生かせる器具機器の販売をメインでお願いしたり、プライベートブランドの広告はA.Kさんにお願いしたり。それぞれの強みを活かしながら進行した結果、いろんなことがスムーズに運んだし、数字も伸びがよかったです。

私たちの仲がいいので、チーム同士の意見も伝わりやすかったし、一丸となれたのですごい達成感でした。また今年もやりたいな。

二人はマストで参加が決まってますよ(笑)。イベントの開催もそうですが、ネイル事業として、今よりももっとラインナップをそろえて、知名度も上げていきたいなと思っています。ネイル業界の中で、ビューティガレージはまだ新参者という印象があるので、そこをいかに乗り越えていくかが今の課題ですし、今後頑張っていきたい部分でもあります。ネイル商材を買うならビューティガレージ、とネイリストさんが最初に思い浮かぶ会社になることが目標ですね。A.Kさんは目標などありますか?

そうですね、ビューティガレージは理美容、エステ、ネイルなど多岐にわたる事業展開があるなかで、それぞれ課題点は違うと思っていて。例えば理美容であれば、若い世代への認知度をもっと上げたいですし、ネイルやエステであれば3,000円以上で送料無料であることや、品ぞろえが増えていることをもっと周知したい。そういった事業ごとの課題や特色にマッチした広告を展開して、ビューティガレージの魅力をもっとたくさんの方に知ってもらうことが目標です。A.Oさんはどうですか?

チームとしての目標は、アカウントチームがいないとだめだ、と思われるくらいに売り上げを伸ばして目立つ存在になることかな。ビューティガレージはECサイトがメインなので、直接お客様にご案内できるアカウントチームは貴重な存在だと思っていて。お客様に直接アプローチできる部署だからこそ、他の部署から「きっとアカウントチームが売ってくれる」と思ってもらえるような、信頼されるチームを目指したいです。そして、K.Hさんも言っていたように、「商材のことならココ」とビューティガレージを一番に思い浮かべてもらえるようにしたいですよね。

社員